フロントエンド うえむーのブログサイト | NU-Blog(エヌ・ユーブログ)

こんにちはうえむーです。
今日は仕事の報告について自分の体験談をもとにお話したいと思います。

皆さんは一度はこんなことをご経験されたのではないでしょうか?

部長または先輩に頼まれて、書類・サイトなどを一週間かけて作成したものを、部長または先輩に一から作り直しと命じられてきた。このように、一生懸命作成したものを上司や先輩に差し戻された、という経験があるかと思います。

自分もそうでした。。。
上司に頼まれた仕事を、不明点などは一切聞かずに、自分が思ったことをそのまま実行して期限間近で100%できた状態で上司に見せようとしたとき、上司の一言で一から作り直しと命じられました。。。その結果、期限内に提出できず、予定工数と大きく乖離し、上司や先輩に叱られて賠償請求を求めらそうになったこともありました。。。
原因は自分がまともにコミュニケーションが取らず、自分の勝手な思い込みが原因で失敗を起こしてしましました。。。

では、50%〜60%仕上がった状態で先輩や上司に見せるのはどうでしょうか?

こまめに質問するのは上司には迷惑だろうし、ある程度で仕上がった状態で持って行かないと示しがつかないという考えもいるかもしれませんが、実はそれもよくありません。中には一からやり直してという上司もいるからです。
では、何%仕上がった状態で先輩や上司み見せるのが一番ベストなのでしょうか・・・?

それは、5%〜10%できた状態で上司または先輩に見せるのがベストです。

デザイン不備、要件定義がまだ定まってない状態で、サイト制作依頼した場合があったとします。FIXしている箇所は、要件定義・デザインに合わせて構築するのですが、要件・デザイン不備の部分に関してはどうすれば良いのでしょうか?

上司や先輩がすぐそばにいる場合は、不明点をすぐに質問すればいいのですが、
不在だった場合は、質問できないし代替え案を作成して翌日に上司に見せるとします。

仮に上司との認識齟齬があっても5%〜10%の時間の手戻りですから、そんなに無駄な工数がかからなくて済みます。
でも中には、「僕が思っているのとぜんぜん違う、ダメだよ不明点があったらちゃんと聞かないと工数が無駄になるでしょう?」
と、このような感じで言われて納得できないこともあるでしょう。「何だよ、最初からそう言えば良いじゃん」と思うかもしれません。

このような食い違いが起きないように、質問シートをスプレットシートやエクセルで作成して関係者に共有するのです。不明点がデザイン・要件定義書・議事録などを確認しても解消されない時に記入するのです。

例えば
・ここのコンテンツはCMS化にする想定でよろしいでしょうか?CMS化する場合は何で実装するのでしょうか?
・ランキングのコンテンツを出力するロジックを教えてください。
・ここのデザインはユーザービリティ上よくないかと思いますので、こういう代替で実装したいのですがどうでしょうか?
・メガドロップメニューのデザインがないのですが、作成をお願いします。もし、デザイン作成する時間がない場合は以下のようなキャプチャーで進行しますがいかがでしょうか?
・title・descriptionの設定は、現行サイトから踏襲すれば良いのでしょうか?

上記のように、不明点を記入していくと、認識齟齬が少なくなり差し戻しが少なくなっていくでしょう。

もちろん、何も考えずに質問するのはNGです。相手が困惑して「何を言いたいの?」とイラつかせることもあるので、不明点 + 代替案 + 画像・キャプチャー という組み合わせてまとめて記入すると返答しやすくなり仕事がスムーズにいけるでしょう。

僕は仕事のやり方を変えたきっかけなのは「リーダーの一流、二流、三流」という本を読んだことがきっかけです。これはリーダー向けの本なのですが、作業者の自分でもすごく為になる本なのでぜひ、購入してみてください。

仕事の報告を5% 〜 10%の段階で見せてデプロイした結果、予定工数内にだいぶおさまることができました。

仕事の報告は 5% 〜 10%の段階で見せる癖をつけるようにしましょう。